事が起きてから出なくお葬式の見積もりは早めに

納得のいくお葬式をするためには、あらかじめそのイメージを考え、葬儀社で見積もりを取ったり菩提寺がある人は住職とよく相談したりしておくことが必要です。
ほとんどの葬儀社は費用を事前に見積もってくれますので、どんなお葬式にしたいのか、元気なうちに相談しておくことが重要になります。
その上で、自分の希望を書き出し、どうしてほしいのかを家族や友人に伝えておきます。
見積もりは最低でも2社は取り比較して、基本料金に何が含まれ、何が含まれていないのか、含まれていないもので必要なものがあればどれくらいの費用がかかるのかを確認しておくことがポイントです。
加えて不必要な商品やサービスを契約しないようにして、決して情に流されずに決定します。
心のこもったお別れと葬儀費用は比例するわけではありません。
葬儀の契約や解約に関するトラブルは年々増加傾向にあります。
冷静に判断できるように見積もりを取っておくというのは大前提です。

ホテル 制服
1着から販売中

家族葬と言う葬儀の形が増えた理由

世間で言われることに、葬儀の形が大きく変わってしまい、個人葬が主流ではなく、家族葬と言われるものが主流になっていると言うことです。
この家族葬と言われるものに、特別な定義がある訳ではありません。
ただ多くの遺族がこの葬儀を行うにあたり、遺族と親戚のみで行うことが多くなっていると言うことです。
そこには、葬儀費用が莫大になり、喪主となられた方の負担が大きくなってしまったことも、その理由に上げられることがあります。
亡くなった人を盛大に送り出すと言うことから、式場から飾りつけなどに費用を多くかけてしまい、気が付くとその出費は相当なものとなっていたと言うことがありました。
しかし時代も変わり、亡くなる方が高齢化することで、近所付き合いも少なくなるようになりました。
また仕事関係でお付き合いがあると言った人も少なくなり、葬儀に出席される方の数が現実に少なくなっていることも、家族葬と割り切って行なう人が多くなったと考えられます。