慣習や宗教色のないお葬式を望む人は多い

仏教を信仰していないのでお葬式に僧侶の読経はいらないと考えている人も近年では増えてきています。
自分のお葬式を宗教色のある形式でしてほしいと考えている人は2割にも満たず、過半数はこだわらないとしています。
仏式は信仰からではなく、慣習として定着しているに過ぎませんが現状では9割近くが仏式です。
一方、お布施や寄進などの経済的な付き合いが大変なので、菩提寺を解消する人も少なくありません。
菩提寺の場合、お布施の代金に悩む人も多いですが、葬儀社を介して派遣された僧侶に関しては料金が明確に提示されていることがほとんどです。
戒名をつけずにどの宗派でもよければ8万円程度、宗派を指定したとしても14万円未満のところもあります。
後々、お寺との付き合いがないですし、料金が明示してあるので安心という人々が増えているのは事実です。
しかし、いくら明確で廉価であっても意義を感じずに宗教色のない葬儀を望む人が多くなっています。

ホームページ制作 大阪
を中心に作成しています

中国 輸入 代行
でお安く仕入れ

葬儀費用を心配しないための方法は

お葬式のために貯金をしている人って、どれくらいの割合でいるのでしょう。
貯金と言うよりも、近くにある自分が世話になるであろう葬儀社の会員になっていると言う人は、少なからず居ると考えられます。
ですがこの葬儀社の会員になっていることを、遺族の方に説明しておかないと、全くの無駄にもなってしまう可能性もありますので、注意が必要になって来ます。
机の中に、会員証を仕舞い込んでいては、葬儀が終わってから見つかるなどのことも考えられるからです。
しかし、両親のために葬儀費用を貯めていると言う人は、あまり聞くことがありません。
自身の持っている預貯金を利用するのか、香典料から利用すると言ったことになり、葬儀費用において赤字になってしまうことも考えられます。
一番良いことは、葬儀社を決めた時点で、その担当者と最終的にどれくらいの費用がかかるのかを相談しておくことです。
葬儀本体費用から、寺院への費用、そして飲食接待と言ったことにかかる費用があり、その額を知って葬儀を行うことで、余計な不安もなくなることになるのでしょう。